さぽろぐ

  自然  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2007年12月06日

風連川砂防ダム 2


今朝の北海道新聞朝刊
風連川の砂防ダム新設が難しくなりそうだ
とてもいい傾向だが絶滅危惧種のイトウがいるから
というのではなく全ての水産生物とその取巻きのことを考えるべきであろう
絶滅しそうなまでに追い込んでから考えるのでは遅すぎる

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(自然環境)の記事画像
三点の沢川
三石川
静内川支流域の砂防、堰堤
双珠別川
琴似発寒川支流左股川
豊平川支流
同じカテゴリー(自然環境)の記事
 三点の沢川 (2012-07-14 08:42)
 三石川 (2011-07-12 21:42)
 静内川支流域の砂防、堰堤 (2011-06-10 19:53)
 双珠別川 (2011-03-21 18:03)
 琴似発寒川支流左股川 (2011-01-27 00:08)
 豊平川支流 (2010-12-18 19:57)
この記事へのコメント
何処かで見た写真と思いながら・・・きずきました。 此れからトラックに機械を積み込み魚道開口に出発・・・・・税金を使わずにボランテアでお手伝いさせて頂きます・・・お役所工事に携わる会社の為だけに予算を付けをして・・・腹がたつょ、お役所仕事だけを専門に行っていた会社が数年前工事が少なくなり吸収合併され、それを期に退職した?(お払い箱)友人いわく,昔は良かったよ、次年度の工事まで指名と談合で、毎晩お役所の役人さんが会社の名前でススキノ通いさせていたからなんだけど・・・・・などなど 今でも裏があるみたいですよ、
Posted by 山女魚 at 2007年12月08日 11:11
山女魚さん

こんにちは
ボランティアでの作業ご苦労様です
魚道があるのとないのとでは
魚にとって天と地ほどの違いがあると思います
ありがとうございます

先々のことを全く考えないで
川や森を壊す・・・
日本だけではなく世界中でそういう問題が起きていて
既に警告ともとれる現象が起きているのに
そんな刹那的なことを続けていると大変なことになってしまいます
今朝の北海道新聞の記事で川を含む森林の環境破壊について
京都大学の名誉教授がいろいろ話していました
多くの方が関心を持ってくれるといいのですが・・・

コメントありがとうございました
Posted by TK3 at 2007年12月09日 15:29
こんばんは。
この記事は私も読みました。
昔、矢臼別の演習所場の中にも入ってみた事もあります。
どうしてこんな所に砂防が必要なんだという場所ばかりです。
このあたりの川は激しく蛇行をし、ゆったりと流れている川です。
急流のような所は見あたりません。
確かにイトウは絶滅機種ですが、それだけを問題にすべきではありませんね。
魚道を付けても機能していなければ何もなりませんし。
問題は山女魚さんが言われているように、『昔はよかったよ・・・・』
ここに問題がいっぱいあると思います。
ボランティアで参加されている方には頭が下がります。
Posted by at 2007年12月10日 20:36
Posted by at 2007年12月10日 20:36さん

こんにちは
砂防ダムを造る理由を土砂の流出を防ぐ為としていますが
土砂の流出を防ぐとそれによりまた魚だけではなく
他の問題も発生してきます
今度はその問題をどうするのかということになり
収拾がつかなくなってしまいます
今迄長い間自然のままだったわけですから
どうしてもという場合以外は自然のままが一番です
お金をたくさん使って壊さなくてもいい自然を壊し
一方では無償でそれを少しだけ自然に戻すという
意味不明の状況から早く脱したいものです
極力自然の状態を尊重した政策を施さないと
そのうち地球は壊れてしまいます
Posted by TK3 at 2007年12月11日 13:03
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
風連川砂防ダム 2
    コメント(4)