さぽろぐ

  自然  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2008年08月30日

シュンベツ川


静内川水系シュンベツ川
中流域で取水されて
上流の方では

これだけある水量が

取水場所のすぐ下流ではこのようにほんの僅かしか水がない

ずっと下流では支流の水を集めて

このような状態になってはいるが・・・

人間の生活の為に仕方がないとはいえ
複雑な心境になってしまう

北海道内でもこのような川が
他にいくつか思い当たるが
季節によっては水が全くなくなってしまう川もあるようだ

この川の100年前の流れを見てみたい
さぞかし素晴らしい流れだったことだろう


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(自然環境)の記事画像
三点の沢川
三石川
静内川支流域の砂防、堰堤
双珠別川
琴似発寒川支流左股川
豊平川支流
同じカテゴリー(自然環境)の記事
 三点の沢川 (2012-07-14 08:42)
 三石川 (2011-07-12 21:42)
 静内川支流域の砂防、堰堤 (2011-06-10 19:53)
 双珠別川 (2011-03-21 18:03)
 琴似発寒川支流左股川 (2011-01-27 00:08)
 豊平川支流 (2010-12-18 19:57)
この記事へのコメント
人間に例えるならば『バラバラ殺人』のような状況でしょうか。
何とも悲しい光景です。

自分も100年前とまではいかなくても、高度成長期以前の北海道にタイムスリップしてみたいものです。

旭川にも、昔は当たり前のようにヤマメやイトウが棲息していたそうですね。


人間の生活の為、開発に要した額と、その犠牲となった自然…。

比べ物になりませんね。
決して金額には表せない莫大な散算ですから。
Posted by ノブ at 2008年08月31日 05:50
確かに、分断されていますが。
15年前でも素晴らしい溪相だったんですが・・・・・。
今は・・・・・。
無残なものです・・・。

ここの水!。
双珠別、ウエンザル、パンケ、奥新冠、新冠、シュンベツ、高見・・・・・。
だったでしょうか?・・・。
ちょっと違うかな?。
この水の元は信じられない所から、地下送水管で送られてきます。
Posted by hal30over at 2008年08月31日 20:55
ノブさん

こんばんは
昔、旭川周辺でヤマメが釣れた川の記録を見て
それぞれの川を見たり釣ったりしてみましたが
変わり果ててしまったと思われる川も多いですね
きっと川がいじられるまで何万年もそこで世代交代を
繰り返していたはずなのにここ半世紀くらいで大幅に変わってしまって
いいものかと思います
失われたものは大きいですね

サンルも失ってはいけない自然なのに・・・
Posted by TK3 at 2008年08月31日 22:35
hal30overさん

こんばんは
双珠別とウエンザルが繋がっているのは
どっかで見たか聞いたかしましたが
どこの水がどこに行ってるのかよくわかりません
それぞれそれなりに理由があってのことなのでしょうけど
川の水がほとんどなくなってしまうのはどうかと思います
もう少しいい方法はないものなんでしょうか・・・
Posted by TK3 at 2008年08月31日 22:50
すっかり見落としておりました、思い出深い釣行といいましょうか。
林道ツーリングでした、あの時は愛車はベントレー改でした。
また、行きましょうと言われたら・・・・・(^H^;)
返答に困る"シェルパのG"ですが、これだけ多くの支流にまんべんなく
張り巡らされている砂防ダムネットワークにも驚きでした。
発電用のダムも砂防ダムも全てのダムは、流入する土砂との競争のような
気がしてなりません (^H^;)
肥沃な土砂が海に流れて初めて、豊かな海となるはずのですが
何処か狂うと一遍に歯車が噛み合わなくなりますね。
国土の保全は砂防ダムだけでは無理だと思うのですが (^H^;)
Posted by "シェルパのG" at 2008年09月12日 22:00
シェルパのGさん

こんばんは
なかなか大変な道のりでしたので印象に残りますね
私も砂防ダムの乱立状態に衝撃を受けました
語り継がれている豊かな静内川はこういう形で壊されていったんだなと
しみじみ感じておりました
でもまたいずれ行きたいと思います
シェルパのGさんの仰る通り海の栄養が不足しているのは
砂防ダムの影響が多大なのだと思います
悪影響の方が多いものをこれ以上造るのは理解に苦しみますね
ましてやこの財政難の時代に・・・
Posted by TK3 at 2008年09月13日 00:24
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
シュンベツ川
    コメント(6)