さぽろぐ

  自然  |  札幌市北区

ログインヘルプ


2009年02月16日

野束川2

野束川2
連続堰堤流域をくぐり抜けると
この砂防堰堤がある
魚道はもちろん無い
この砂防堰堤の上流は川底に泥が溜まり
ズブズブの状態
ここから少し上流へ行くと
この大きな砂防ダム
野束川2
私の目には死の壁と呼ぶにふさわしい
異様な景観に映る
魚は上れもしないし上から落ちてきても
コンクリートに叩き付けられる構造だ
ここの河川工事は棲んでいる魚の事など一切無視の
典型と思う
野束川2

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(自然環境)の記事画像
三点の沢川
三石川
静内川支流域の砂防、堰堤
双珠別川
琴似発寒川支流左股川
豊平川支流
同じカテゴリー(自然環境)の記事
 三点の沢川 (2012-07-14 08:42)
 三石川 (2011-07-12 21:42)
 静内川支流域の砂防、堰堤 (2011-06-10 19:53)
 双珠別川 (2011-03-21 18:03)
 琴似発寒川支流左股川 (2011-01-27 00:08)
 豊平川支流 (2010-12-18 19:57)
この記事へのコメント
何時もながらの光景ですね
まったく・・・・
Posted by ゆいのじじ at 2009年02月16日 08:58
初めてコメントします。
この手前の堰堤にはむりやり削ったような切込み
(人がなんとか通れる程度の幅)がど真ん中にあって
そこから魚道なしの砂防堰堤まではヤマメが生息しています。
魚の生命力を感じるとともに自然に対して配慮の足りない工事
にあきれてしまいます。
Posted by 下手の横好き at 2009年02月16日 19:04
こんばんは。
かなりの高さがありながら、下がコンクリで出来た砂防ダムはよく見かけますね。

内大部川にある砂防ダムは、中央に階段状の魚道があるものの、春先はグランドキャニオン並みの水量、夏場は魚がやっと遡上出来るかどうか程度の水量で、魚が遡上するチャンスは、ほんの一瞬の季節かと思われます。

いずれにしても、満足に機能しているとはとても思えません。

やっつけ仕事にも程があり過ぎです。
Posted by ノブ at 2009年02月17日 02:08
ゆいのじじさん

おはようございます
全くです
このように廃墟のようにも見える砂防ダムを見ると
ぞわっとします・・・
Posted by TK3 at 2009年02月17日 07:21
下手の横好きさん

おはようございます
初めまして
そうですか このあたりより下流は見たことがないのですが
その堰堤は行政ではなく誰かが削ったものなのかもしれませんね
行政のHPなどでは河川工事に際して
「自然に優しい・・・」とか「自然環境を考慮して・・・」とかいう表現をしていますがとてもそうは思えないものばかりのような気がします
その堰堤今度見に行ってみます
これからもよろしくお願いします
Posted by TK3 at 2009年02月17日 07:30
ノブ さん

おはようございます
コンクリート叩き付けだと
魚はお亡くなりになる確率が高いですからねぇ
・・・
内大部の魚道はそんな状態ですか・・・
情報ありがとうございます
今シーズン行って見てきます
Posted by TK3 at 2009年02月17日 07:40
酷い有様です。僕も訪れた事の有る川で初めて見た時、あれ?これって琴似発寒川・・?と錯覚するほどでした。
また野束川の中程で合流する川幅1m程の支流上流部にも見てはならない物が乱立しており一番奥に親分的な壁が鎮座しているところが有り、ここを一度訪れたら判ると思いますが、本流同様、悔しさ、情けなさ、強い怒りがこみ上げて来る所でした。
一度取材に訪れて見てはいかがでしょうか。
Posted by マーチブラウン at 2009年02月17日 18:09
マーチブラウンさん

こんばんは
確かにここの中流域は準三面で琴似発寒川に
似ています
そしてそんな小さい川にもたくさんのブツが構築されているあたり
完全に病んでしまっているようですね
今度行って見てみます
Posted by TK3 at 2009年02月18日 22:20
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
野束川2
    コメント(8)