さぽろぐ

  自然  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2009年05月14日

入鹿別川


完全に破壊された堰堤跡があった
この上流側にはもっこりと土砂が積もっている

そしてそのまま放置
こういう状態にすることがこの堰堤を造った目的だったのだろうか・・・
私には全く意味不明

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(自然環境)の記事画像
三点の沢川
三石川
静内川支流域の砂防、堰堤
双珠別川
琴似発寒川支流左股川
豊平川支流
同じカテゴリー(自然環境)の記事
 三点の沢川 (2012-07-14 08:42)
 三石川 (2011-07-12 21:42)
 静内川支流域の砂防、堰堤 (2011-06-10 19:53)
 双珠別川 (2011-03-21 18:03)
 琴似発寒川支流左股川 (2011-01-27 00:08)
 豊平川支流 (2010-12-18 19:57)
この記事へのコメント
こんばんは。
どういった経緯でこの堰堤壊したのかは分かりませんが、これは酷いですね。
砂防堰堤を造るお金はあっても、崩した後に蓄積された土砂を処理するお金は無いんですね。
自然と流れて行くだろうという安易な考えなんでしょうが…。

『後片付けくらいしなさい!』と言われれば子供でも出来ます。
でも、言われる前にやるのが大人。
Posted by ノブ at 2009年05月14日 22:20
こんばんはm(__)m

土石流の原因に成る砂は、早い段階で処分しないといけませんね
大雨で増水し、土石流が発生して災害になって、また堰堤を作る気ですかね
Posted by 渓流迷人 at 2009年05月15日 18:58
ノブさん

こんばんは
どういった経緯でこうなったのか
壊したのか壊れたのかもわかりませんが
このくらいの土砂、何も造らずそのまま普通に流したとしても
何の問題もないようにも思えます
どういう角度から考えても無駄っぽいですね(^^;)
Posted by TK3 at 2009年05月15日 21:55
渓流迷人さん

こんばんは
一度貯めておいた土砂を今度はまた時間をかけて
ゆっくり流しているのだから
普通に考えれば全く意味不明です
堰堤を造るには何らかの被害実績や
被害予想が必要ということなんでしょうかねぇ・・・
Posted by TK3 at 2009年05月15日 22:25
おじゃまします

ここの管理人様や書き込みされている皆様の職業はなにをなさっているのですか?どのような場所に住んでいますか?
ここ数年、この手の内容の書き込みを見ていると”自然破壊””公共事業要らない””談合”・・・等の内容が非常に多く見られます

わざわざ自然環境・生態系を破壊してまで、なぜ作ったのか? なぜ土砂を放置しているのか?考えた時に
なぜ必要だったのか、誰のために必要だったのか、流出している土砂の今後の影響は等の事も考えてみてください。

この川の事を少しですけど調べた中で、雨水による川水の増水が非常に多い川のようですね
地盤も火山灰が主で、比重が軽いため川が増水する度に流出しているようです

この流出した土砂により被害を受けるのは、河川付近に住んでいる農家の方や河口付近で漁業をしている方だと思います。
この農家や漁師の方も”こんなの必要ない””税金のムダ””意味がない”って言ってるのなら書き込みされた皆さんの言うように、この川には必要ないものだと思います。

誰だって、自分の家土地が流されて減ってしまうと困るし嫌ですよね?
せっかく船で沖に出てオケラで帰ってくるのは嫌ですよね?

せっかく、この現状を写真で見せているのだからもう少し踏み込んだ話しになって行くと次に繋がると思います。

勝手な言い分ですみません。
Posted by 通行人 at 2010年08月18日 13:28
通行人さん

こんにちは
あちこちの川を見て歩いて
河川に人工工作物があればこれは何の為に造ったのか?
ということをやはり考えてしまいます
人間が生活していく中で
飲料水などの確保や必要な範囲内の洪水対策など
工作物が必要なケースはたくさんあると思っています
必要なものを批判するつもりは全くありません
あくまで私的な観点からですが
これはいらないのではないか?と感じたものを
記事にしています
この川のことを私は詳しく知っているわけではないですが
少なくとも写真の箇所のものは最近壊れたものではなさそうなのに
それをそのまま放置しているということは重要性が低いのではという印象を受けました
ないと付近の住民が困るものならすぐに復旧工事をするはずなので・・・

私は基本的にできるだけ自然は自然のままにという考え方です
土砂に関しても人間が住み始めるずっと以前から出続けていたはずで
そういう状態が自然であり無理にその自然の法則を変えてしまうのは良くないと思っています
例としてそのまま当てはまるわけではありませんが
近年になって問題化してきた二酸化炭素などの件も
長い間自然破壊してきた結果でしょうし
海に関してもダムを造り川を堰き止めたせいで
川の栄養分が海に供給されなくなり漁獲高が減ってきたという
話も聞いたりします
マスに関しても砂防ダムなどの公共工事が盛んになるにつれ
漁獲高が減ってきたというデータもあります

このブログを読んで下さった方の中には
私の考えに反対の方もたくさんいらっしゃると思います
厳密に言えば人の数だけいろいろな考え方が存在しますし
私の考え方に反対だからといってそれを否定する気はありません
私の書いた記事の中で批判してきた工作物の中には
もしかしたら絶対に必要不可欠のものもあるかもしれません
どうかその場合はご容赦いただきたいと思っています
このブログはただ私個人が感じた事をそのまま記事にしているだけと位置付けていただければ幸いと思います
ブログタイトルの下に書いてある文章が
このブログを書いている目的です
やっと知床では徐々に堰堤や砂防ダムが改良され
たくさんの川で魚の遡上、往来ができるようになってきました
でもそれが「世界遺産だから」という理由であって欲しくないと思います
そういう例もある反面実際に道内の他の場所にある河川では魚道のない砂防ダムや堰堤が今も造り続けられている現状に矛盾を感じたりしています

長く読みづらい文章失礼致しました
そしてこの決して面白くはないブログに貴重なコメントをいただき
ありがとうございました
今後もよろしくお願い致します
Posted by TK3 at 2010年08月18日 16:19
おはようございます 管理人様

いきなり失礼な書き込みをして申し訳有りません。

正直、私の仕事は皆さんが嫌っている公共事業を施工している土建屋です。

私自身公共事業に携わって20年になりますが、最初は訳も解らず川を掘り、山を削りただただ仕事をしていて魚の事や動植物の事など良く考えずに仕事をしていました。
でも、15年くらい前に魚道工事を行ってから自分の仕事に対して疑問を持ち(なぜ、最初から設置していなかったのか?)始めて色々とその関連性に興味を持つように考え方が変わってきました。
長くこの仕事に携っていると中身の無い事業か、上手く調和の取れているものか少しづつですが見えるようになりました。

最近の公共事業では、その内容に合わせた技術提案が採用される工事も増えてきています。
私自身、釣り好きの一人なので、管理人様や書き込みされている方々の声が反映されるような提案が出来るよう努力したいと思います。

正直、今回は入鹿別川の改修工事に伴う調査(勉強)で、このブログを知り改めて環境保全の大切さを感じることが出来、感謝しています。
皆さんの発言や、活動がこれからの公共事業を変えて行けると思いますのでお互いにがんばりましょう!

また機会があれば、お邪魔させてもらいます。m( _ _ )m
Posted by 通行人 at 2010年08月19日 08:40
通行人さん

こんばんは
近年地元の川の改修を行政さんにお願いするにあたって
担当の方々にずいぶん環境保全に関して理解のある人が
多かったので嬉しく思いました
それがそのまま思うように工事に反映するわけではないですが
将来に向けて徐々にでも良い方向へ向かって欲しいと思っています
公共工事は内容が問題で有意義な内容であれば
できる範囲内でどんどんやるべきと考えます
何事も少しずつしか前に進めませんが
継続することが大切ですので
ほんの微力ながら私もできる範囲内で頑張ろうと思っています
通行人さんの仕事の方も良い内容の工事で潤うことを
願っております
またお待ちしております
Posted by TK3 at 2010年08月20日 20:58
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
入鹿別川
    コメント(8)