さぽろぐ

  自然  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年10月28日

銭函川


魚の存在を確認してはいないが
自然のままなら川としては十分棲息可能に思える
この堰堤はかなり古そうだが取水施設などがあるにしても
これでは魚に絶滅してくれと言っているのと同じ・・・
こういう川も今後徐々にでも改善され
魚が元気に泳いでいる「生きている河川」に蘇らせる方向へ
向かって欲しいと思う  

Posted by TK3 at 03:23Comments(10)自然環境

2008年10月23日

落部川支流


本流との合流点から間もなく
この堰堤があって魚道は無い
更に本流にもこの川との合流点より下流に
魚道の無い砂防ダムがある
(上流にも魚道の無い砂防ダムあり)
せめて魚の上り下りが容易な魚道があれば・・・

この水系のポテンシャルからして
砂防、堰堤により分断された流域が多いのは
実に残念な事だ  

Posted by TK3 at 22:32Comments(4)自然環境

2008年10月17日

朝里川2


下の画像のような渓流を上っていくと
上の砂防ダムが出現する

この砂防ダムの下流には2つの砂防ダムがあり
その更に下流には大きな貯水ダムがある
いずれも魚道なく
それぞれの分断された流域で
魚達は細々と暮らしている
せめて魚道くらいは付けてあげたいものだが・・・
  

Posted by TK3 at 07:00Comments(4)自然環境

2008年10月12日

登川


小さいこの川にこんな巨大な砂防ダムがある
砂防ダム下流にはところどころ護岸が見られるが
河床低下のせいか数年前護岸が川へ崩れ落ちているのを見た
(現在は修復済)

砂防ダム上流の川の様子

一応魚道は付いていて
砂防ダム上流にも魚はいるが
私にはスムースに魚達が上下に移動できているとは思えない

建設には数億円以上かかったと思うが
費用対効果の面で大いに疑問が残る
  

Posted by TK3 at 04:25Comments(8)自然環境

2008年10月06日

シュンベツ川2


シュンベツ川と支流との合流点
林道下が段差となっている
魚にとってはかなり厳しい高さだ
シュンベツ川にはたくさんの支流があるが
そのほとんど全てが合流地点から少し上流で
魚道のない砂防ダムや堰堤により魚の遡上は不可能となっている
つまり魚達の生活圏は本流のみに限られている状態だ
この支流にしてもこの先数㌔の流程がある
魚の産卵床に適した場所もたくさんあることだろう

このところ他の川で垂直落下式の堰堤が
階段状の魚が往来できるものに改修されているのを見かける
それでも機能的に問題がないのなら初めからそうするべきと思う
  

Posted by TK3 at 08:06Comments(8)自然環境

2008年10月01日

日高幌内川


厚真川水系日高幌内川のスリット式砂防ダム
切れ目が入っているので魚は往来できるはずだが
裏側にまわってみると

流木が詰まっている

そしてそのせいでせっかくのスリット式なのに
段差ができてしまっている

これでは魚は遡上できない
しかも流れが滞留する部分ができて

こんな状態になっていた

こんな小さな川にこんな長い砂防ダム
いったいどれだけの費用がかかっているのだろう

試しにこの砂防ダム上流で竿を出してみたが
魚がいる気配は全くなかった
そしてその少し上流にはまた堰堤が・・・


この小河川をこんな状態で放置してしまっては
魚類など満足に棲息できるわけがない
まあ元々魚のことなど考えてはいないと思うが
自然破壊+税金の無駄
こんなことをいつまでもやっていては
将来どういうことになるのかくらいは
わかると思うのだが・・・  

Posted by TK3 at 08:31Comments(6)自然環境